FC2ブログ
錯覚
思うに、ネットゲームは人の心を鈍化させてしまう気がします。
何というか
柔軟性を失ってしまうというか、感性が鈍ってしまうというか。

他の人と喋っているようで、喋っていない。
心を通わせているようで、通わせていない。
要するに、どれも実際には「やっていない事」。

つまり錯覚なんですよねぇ。


でも、時間は誰にでも平等に流れるわけで。

錯覚の世界で得るものは、やはり錯覚に過ぎず
実際の物事は徐々に、過去に経験のあったことになっていく。
その日実際に感じた、本当に些細な感動は
錯覚の感動に押し流され
結局、前にも感じた事という認識にしか捉えられなくなり
感動の振れ幅はどんどん小さくなる。


一抹の罪悪感を感じながら
ソレに気付かないふりをして
ぬるま湯のような錯覚の世界に浸り続ける私は
他人には一体どのように写っているのでしょうね。


ぼんやり、明るくなりつつある空を眺める。
佐波でした。また。
スポンサーサイト